ホーム > 課程・専攻について > 研究室紹介

研究室紹介

熱エネルギー工学研究室

スタッフ

岡本達幸 教授,西田耕介 准教授

研究内容

本研究室では,(a)作動流体の熱物性,(b)伝熱促進,(c)間欠噴霧燃焼,という3つテーマについて研究を行っています.

(a)作動流体の熱物性:動力サイクルや冷凍サイクルの性能を向上させるには,何よりも,作動流体(冷媒など)の熱的性質,すなわち熱物性の正確な情報が必要となります.熱物性のなかで,特に,流体の熱伝導率と気液共存曲線に注目し,実験的および理論的研究を行っています.

(b) 伝熱促進:熱交換器において,装置のコンパクト化や伝熱性能の向上(伝熱促進)を図るためには,流れ,特に乱流中の乱れの構造や熱エネルギーの輸送に関する情報が必要であり,これらの点に注目した実験および理論的研究を行っています.

(c) 間欠噴霧燃焼:ディーゼルエンジンの有害な燃焼排出物のなかに煤がありますが,煤発生は着火遅れ,乱流燃焼に起因していると考えられています.燃焼室内に空気の旋回流を発生させることで,着火遅れ,煤発生のメカニズムを解明する研究を行っています.