ホーム > 課程・専攻について > 研究室紹介

研究室紹介

材料力学研究室

スタッフ

荒木栄敏 教授,小野裕之 助教

研究内容

安全で無駄のない製品を設計するためには,まず材料の力学的特性を熟知する必要があります.本研究室では,材料の力学的特性に関する教育・研究を行っています. 特に,材料の微視的な不均質性を考慮してその力学的挙動を解析的に評価する学問, すなわち材料微視力学(マイクロメカニックス)を中心に研究活動を行っています.具体的には,近年注目されているインテリジェントマテリアル(例えば,形状記憶ポ リマーや部分安定化ジルコニアを含有する複合材料)について,微視的構造を考慮し た新たなモデルを構築し,そのモデルに基づいて弾性挙動や破壊じん性の変化を説明するための研究を行っています.また,材料の機能性向上のために異種表面層を形成 させた金属材料の強度について,実験的な取り組みと並行して転位論に基づく解析的 研究を行っています.その他,ポリマーのクリープ挙動をモアレ法を用いて実験的に調べ,その結果に基づいて有限要素解析によりクリープ挙動を予測する方法を確立さ せるための基礎的研究,あるいは先進材料であるチタン合金の短時間熱処理による強 度向上に関する実験的な研究などを行っています.