ホーム > 課程・専攻について > 研究シーズ集

研究シーズ集

山川 勝史 (准教授)

複雑形状物体周り/移動物体周りに対する高効率計算手法の構築

  • 複雑形状物体周りや移動物体周りなど計算格子の形成について難易度の高い流れ場に対し,非構造格子ベースに効率の良い計算手法を構築する.
  • 工業製品について開発期間の短期化・試作段階でのコスト削減等のため,数値シミュレーションのニースは年々高まっている.本研究は特に複雑な形状や物体の移動について高効率且つ高精度な計算手法を提供するものであり,様々な分野において強い関連を持つと考えられる.