menu

武末 翔吾 (助教)

表面改質による金属材料の高機能化

  • 高周波誘導加熱などの熱処理やショットピーニングなどの強加工を援用した金属材料の表面改質技術の開発を目指す.
  • 機械構造物の安全性・信頼性の観点から,使用される材料の高機能化が求められている.表面改質を施した金属材料の疲労特性,摺動特性,耐食性,耐熱性などの諸特性を明らかにし,機械システムの高機能化に寄与できる表面改質技術を提供する.

関連リンク

ページトップ

武末 翔吾 (助教)

京都工芸繊維大学
工芸科学部 機械工学課程

機械物理学専攻/
機械設計学専攻